マルギヤ日記

地中海リクガメ(マルギナータリクガメ・ヘルマンリクガメ)の飼育・繁殖情報と孵化幼体販売
飼育日誌

子亀を洗う

そろそろ寒くなってきて外の親亀の活動も鈍る時期になってきました。
土曜日は朝から暖かかったのでとんぶり市出品用の子亀たちを洗いました。
一年目の子亀たちは保温されたケージで飼育していますのでみるみる大きくなっていきます。

今週末の浅草のとんぶり市も活きのいい子亀たちを連れて行きますので、ご興味のある方はぜひお越しください。
忙しそうでも容赦なくお声かけいただければ幸いです。
また、ブースをシェアしている方がグラパラリーフの苗などを出品されますので、亀の購入目的でなくとも遊びに来ていただければ幸いです。

何卒宜しくお願いします。

とんぶり市 2018
2018年11月11日(日)
11:00~16:00
東京都立産業貿易センター台東館5F&6F
入場料:1,000円(中学生以下無料)
https://burikura.com/eventlist/tonburi



20181105_1.jpg

20181105_3.jpg

飼育日誌

2018 ぶりくら市ご来場ありがとうございました。

10月8日の神戸のぶりくら市、沢山の方のご来場ありがとうございました。
また、当日はばたばたしてしまい、ゆっくりお話しできなかった方がいらしたとお聞きしてとても申し訳なく思っております。
折角お越しいただいた方は是非遠慮なくお声かけいただければ幸いです。

また、まだまだ元気な子がいますので来月のとんぶり市にも出店いたします。
ご予約や当日引き取りなども承っております。
何卒よろしくお願い申し上げます。

とんぶり市 2018
2018年11月11日(日)
11:00~16:00
東京都立産業貿易センター台東館5F&6F
入場料:1,000円(中学生以下無料)
https://burikura.com/eventlist/tonburi




20181014_1.jpg

飼育日誌

ヘルマンリクガメ自然孵化

ヘルマンリクガメの子亀が庭にいました・・・。
おそらく今年の春の回収漏れの卵が自然ふ化したものと思われます。
梅雨がある日本の気候では中々孵化しないのではないかと思っていましたが、そうでもないようです。
逞しいですね(笑)



20180909_2.jpg

20180909_3.jpg

飼育日誌

2018年ヘルマンリクガメ孵化

2018年の1クラッチ目のヘルマンリクガメが孵化しました。
今度は20秒ごとの撮影でフレームレートは同じなのでゆっくりになっています。
実際のすべて孵化するまでの期間は三日間程度です。

飼育日誌

孵化子の様子と庭木

孵化から一週間経って勢いよく餌を食べるようになってきました。
毎年の事ですが幼体が懸命に餌を食べる姿は可愛いものです。
20180708_6.jpg

庭の飼育場にはムクゲを植えています。
これが木陰にもなり、花はカメの餌になります。
花の色やタイプの色々あって綺麗です。
亀庭の庭木にはお勧め(笑)
20180708_8.jpg

20180708_7.jpg

20180708_9.jpg
落ちたのを勝手に食べるのですが、亀の餌になることを考えると一重咲きよりも八重咲きの方が花が落ちやすくて、餌に向いているかもしれません。

このカテゴリーに該当する記事はありません。