マルギヤ日記

地中海リクガメ(マルギナータリクガメ・ヘルマンリクガメ)の飼育・繁殖情報と孵化幼体販売
飼育環境について

自作木製ケージ追加

ケージを追加製作しました。
今回はホシガメの飼育を前提にしていたので出来るだけ密閉度を高めて防水で排水性をよくするためにいくつか工夫してみました。
ちなみに床材は鹿沼土と腐葉土の上にヤシ殻チップを重ねています。
底はプランター用のネットを底上げして設置してその上には鉢底用の軽石を入れて排水性を良くしています。
要は植木鉢やプランターのような感じです。
これをやっておかないと通気が悪くなり土から腐敗臭がするようになります。


20180708_4.jpg

底面はタフブネ80がぴったりに入るように作っています。
タフブネ80
http://www.sanko-kk.co.jp/products/search/Detail.aspx?id=10001424

厚さ12mmの建築用の合板で出来ており、角は20*30mmの桟木で補強しています。
内側は20mmのスタイロフォームで内張りしています。
この状態でタフブネ80にぴったりサイズです。
20180708_3.jpg

タフブネの底面には穴を開けて塩ビ管で排水が出来るようになっており、水をバシャバシャかけても大丈夫です(笑)
20180708_2.jpg

窓は3mmアクリル板を二枚重ねにして断熱性を高めて結露を軽減しています。
20180708_1.jpg

図面を上げておきますので、物好きな方は作ってみてください。
ただし、展開図はありませんので下の図面から木取りの寸法を起こしてください。
また、タフブネ80に合わせて作ったので市販の合板の規格のサイズでは無駄が多いです。
20180708_10.jpg

あと、無理に棚に収めるように低めに作ったので間口が上下に狭く、器具の取り付けがしにくいかもしれません。
メンテナンスを楽にするためにはもう少し、上下を大きくして上には器具設置用の網などを作りつけておいた方がいいかもしれません。
なお、サイドには換気用の穴があいております(そのままだと密閉度が高すぎるので・・・・。)



Trackbacks

trackbackURL:http://margiya.blog.fc2.com/tb.php/145-86908f19
該当の記事は見つかりませんでした。