マルギヤ日記

地中海リクガメ(マルギナータリクガメ・ヘルマンリクガメ)の飼育・繁殖情報と孵化幼体販売
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飼育環境について

気温と冬眠場所の温度の推移

冬から春まで計測した気温と冬眠場所の温度
気温は冬眠場所付近の日陰で計測、冬眠場所については亀がいる付近で計測した。
なお、冬眠場所の様子は以下の通り。
親亀:南東向きの軒下の日陰にスタイロフォーム(断熱材)で囲いをつくり藁と腐葉土を30cm程度の深さに敷き詰めた状態
小亀:南東向きの庭先に枯草と藁を積み断熱材を被せて、雨除けに熱がこもらない程度に隙間を空けてブルーシートを被せた状態

10℃以上の気温差がある中冬眠スペースは1~2℃の温度差で緩やかに推移している。
完全に露天の小亀の冬眠場所の方が若干温度が低いが気温が氷点下のときでも4℃付近を維持している。
(むしろ親亀の冬眠場所の温度は少し高めかも知れない)

そして3月1週目あたりで親亀・小亀共に数日差で冬眠から起きてきた。
温度の推移を察知したのか温度が上がり始める絶妙なタイミングで起きてきた。

気温

温度

Trackbacks

trackbackURL:http://margiya.blog.fc2.com/tb.php/29-4c9c3e41
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。